FXで利益を上げたら必ず確定申告しましょう

FXで利益を上げたら必ず確定申告しましょう

FXを行うことによって利益が出たら必ず確定申告をするようにしましょう。

きちんと税金を申告しないと脱税と認識されてしまいトラブルの元になります。

外国為替証拠金取引を行ったことにより1年間の間に20万円以上の利益を出すことができた場合課税の対象となります。

申告をするのは前の年の1月1日から12月31日までに出した利益です。

このとき注意すべきことは外国為替証拠金取引そのものだけではなく、それに関連するすべての利益と損失が課税されることです。

自分で申告をするのがどうしても難しい、あるいはその時間がないという人は税理士にその手続きをすべて代行してもらうとよいでしょう。

例え確定申告に関係がないと思われる場合でも、外国為替証拠金取引の関連書類は5年間は必ず保存するように心がけましょう。
税務署は数年前のことでも税務調査をすることがあるからです。

FXの確定申告で注意すべきことは、取引の内容によって申告に使う書類が変わってくることです。
相対取引の場合は申告書A(第1表、第2表)に自分の所得、給与、税金の控除額を記入して税務署に出します。

しかしくりっく365の場合は申告書Aではなく申告書B(第1表、第2表)、第3表(分離課税用)、先物取引に係る計算明細書の三つの書類に所得、給与、税金の控除額を記入して提出しなければなりません。

税務署に税金を申告する際にはインターネットで行うこともできますが、あえて近くの税務署に出向いて誠実な態度で行いますと、スムースに申告を進めることができるようになります。